こんにちは、タツヤです。

コロナがなかなか終息せずに大変ですが、

不景気な状況ですが、

今が踏ん張り時ですから、

頑張りましょう。



さて今回紹介するのは、

アカウント登録と条件達成する事で、

“毎月7日に30万円が貰える”と言う案件です。

それでは張山博正さんの“Global FEE(グローバル・フィー)”を見ていきましょう、






特商法に基づく表記


[商品名] Global FEE

[販売責任者]株式会社YZT

[所在地]〒272-0133千葉県市川市行徳駅前ゴールデンケンタビル2F

[お問い合わせ]info.globalfee@gmail.com



Global FEE(グローバル・フィー)の評判は?





『本日からアカウントを開設された

限定500名様毎月7日に

現金30万円のボーナス還元

キャンペーン開催中!』




そう謳っている今回の案件なんですが、、、

もういかにもな案件になってますね。



インドネシアで金融ライセンスを取得し、

アジア各国で展開されている

全く新しいビジネスモデルで、

金融ライセンスという事


全く新しいビジネスモデルというのだが、



それにしてもアカウント開設して、

お金が毎月30万貰えるというのは、

ビジネスモデルとして意味がわかりませんね。

いかにも怪しいなと感じますね。


 
日本初上陸記念として、

今なら“新規アカウント開設”“条件達成” で、

毎月7日に最大30万円貰えるとのこと、
 
通常であれば収入発生までに作業時間と莫大なコストが掛かるそうですが、

募集人数500名限定で、



・作業時間

・専門知識

・初期コスト




ほぼ0円というノーリスクで、

毎月7日に30万円を受け取ることが出来るとの事ですが、、、



全く意味がわかりませんねw

通常なら作業時間や莫大なコストが、

掛かるものなのに何故人数を絞るとそれが、

どうしてゼロになるんだよと、

少なくなるとかならわかりますが、

どうやったらゼロになるんですかね?

言ってる事が無茶苦茶です。


登録してみると動画が送られてくるのですが、、、

その前に登録しようとすると、






アカウント開設案内の動画で明らかになったことは、

“Global FEE(グローバル・フィー)”

毎月7日に30万円という収入は、

1000兆円市場の中で発生する手数料収入で、

銀行のATM利用などによる手数料や

メルカリなどの販売手数料など、

無数にある手数料収入の中で、

“Global FEE(グローバル・フィー)”

手数料収入について語る上で、

絶対に外すことが出来ない市場というのが、

PayPayなどといった“スマホ決済”の市場だそうで、


ただスマホ決済の手数料を得られるという訳ではないと思います。



というか1000兆円の市場ってなんなんですかね?

1000兆円って日本の借金と呼ばれてるくらいの

大きな額です。

それを調べたところ “BtoB決済市場” というのが、

今回の案件の内容的には近いかなと感じました。

気になる方は是非調べてみてください。
 


話を戻します。

Global FEE(グローバル・フィー)は、



“1000兆円市場からの手数料を得るために既に、

中国や台湾でグローバルアカウントの

ユーザー数獲得のために、

事業を展開しているようで、

新規に日本でも展開する上で先行で、

500名の登録が重要になる為、

毎月7日に30万円という特典を付けて募集するとのこと”



更に動画では、

PayPayの100億円還元キャンペーンを引き合いに出してますが、、、

paypayはCMで大々的に、

広告してましたね。

とりあえず知ってもらおう、

登録してもらおうということで、

あれだけの還元をしていました。

ですが、

今回の“Global FEE(グローバル・フィー)”はどうでしょう?

残念ながら僕は、

一度もネットや広告で見たことはないです。

更に怪しさが増してきましたね。

気になってきたので、

Global FEE(グローバル・フィー)について、

色々と調べてみたんですが、、、



残念ながら、

『検証サイトの記事しか出てきませんでしたね。』

Global FEE(グローバル・フィー)は、

業界ナンバーワンになる体制が既に整っているとして、

中国や台湾で既に10万人を超えるアカウント開設者がいるそうなので、

情報が全く出てこないというのは、

実におかしい話です。

 


ここまでで怪しさしかないですが、

実際にアカウント開設フォームから開設してみました。







このIDなんですが、

何と調べてみると、

全部同じIDのようですねw


『紐づけされたデータから上位500名に、

毎月30万の権利が与えられる』



的な事を言ってたんですが、

これはどういう事でしょう?

もうこの時点で、

お粗末すぎてなにも言えないんですが、、、



最終的には参加費用として、

広告代負担名目として、

“98,000円を各々から先に入金させる”

との事、、、

まあ分かってた事ですが、

金取るんかいってツッコミを入れてしまいましたw


“1000兆円規模の市場で業界ナンバーワンなのに、

広告負担代取るのか?

paypayは100億円還元してましたよ?

広告費も沢山払ってCMしてましたよね。”


しかも登録は無料でしたし、


決済システム利用料も、

2021年9月30日まで無料です。



Global FEE(グローバル・フィー)は

どうなってるんでしょうね?

どう見積もっても、

毎月30万もらる未来は見えませんよね。




張山博正さんの経歴と評判は?







さて今回の主催の“張山博正さん”なんですが、、、

調べても一切情報が出てきません。

動画で顔出ししてアジア公式アンバサダーとかって

いってましたが、

そもそもアジア公式アンバサダーってなんだよって感じで、

今回のこの案件の為に作り上げた

設定でしょうね。

正直まるで信用できませんね。




本当に稼げるビジネスで安定した資産構築を



さてここまで張山博正さんの“Global FEE(グローバル・フィー)”

について見てきましたが、、、


主催の張山博正さんについても出てきませんし、

業界ナンバーワンになれると、

豪語してる割に情報が出てこない、

更には何故か広告負担代として、

98,000円を取ろうとしてくる

まるで信用できる部分がなく、

毎月7日に30万貰える事はないでしょう。



今日はこの辺で、



また個別の質問や相談も受けております。

即返信します!なんて約束は出来ないのですが、

問い合わせ頂いた内容には必ず返信いたします。



記事についての質問や、気になっている情報商材

副業やネットビジネスについての疑問・悩みなどあれば

気軽にメールしてくれて大丈夫です!


管理人タツヤへの連絡はこちら→tatsuya.info017@gmail.com

それでは最後までお読み頂きありがとうございました!





全世界オンライン化が加速する今、コンテンツビジネスに取り組もう!




このブログ記事をお読みのあなたは、
今現在何かしらのビジネス案件や手法を探していたり、
収益化のヒントを得ようとしているのだろうと思います。


まずお金を稼ぐにあたっては、
的確に世間や市場のトレンドを掴む必要があります。


今回のコロナの影響により、
一部の学校の授業や会社の仕事はオンライン化が増えていて、
人々は外で社交活動を自粛し自宅でZOOM飲み会なるものを初めています。


更には多くの人が旅行の予定やイベントの予定をキャンセルして、
休日でも自宅で過ごしています。


このコロナの危機により、私たちの価値観や生活スタイル、
ビジネスのスタイルを大きく変えたわけです。


具体的には、ほとんどの業種や商品サービスがオンラインへとパラダイムシフトされ、
人々がネット上で消費活動することに一切抵抗がなくなっています。


少し以前からその傾向はありましたが、
今回のコロナの一件で一気にシフトしていきましたね。


そうした背景を受けて、『オンライン教育市場』の分野などは、
アメリカや欧州でいち早く爆発的成長が、
既にスタートしていますし、
日本でも大きな波が来ようとしています。


だからこそ、

『僕たちもこれからWEB上にオンラインコンテンツを仕掛け、
集客から販売に至るまでのフローを仕組み化し、
このゴールデンラッシュに今すぐ乗りましょう!』



今僕は、ある“オンラインビジネスのプロフェッショナル”の方と一緒に、

コンテンツビジネスの企画を最近立ち上げました。



→今すぐ人気のコンテンツビジネス企画を無料で受講する。


これまでアフィリエイト、物販、投資など
いろんなノウハウやジャンルにわたしは取り組んできましたが、
最終的に行き着いたのがこの“コンテンツビジネス”です。


コンテンツビジネスとは、
無形のデジタルサービスの販売などを指し、
例えば電子書籍やオーディオ、動画、
ひいては宗教やアートなどがありますね。


原価が全くかからず、利益率もほぼ100%であり、
高単価の商品でも成約しやすいのが特徴的で、
ネットで月200万以上稼ぐ人たちの大体はコンテンツビジネスに取り組んでいます。



実践にあたっては、文章作成やリサーチ作業など
やることはいくつかあるのですが、
今回初心者さんでもどう効率よく簡易的に取り組んでいけるか、
この企画で敷居自体を低くしました!


いち早くあなたもコンテンツビジネスを完成させ、
コロナバブルに一足先に乗っかってくださいね^^