こんにちは、タツヤです。


コロナによる緊急事態宣言が延期されましたね。

これだけ一気に経済の状況が変わると、
もう元に戻る事はほぼ無いでしょう。

しかしこういうタイミングだからこそ、
自分の立ち位置を正確に確認し、
これから来るであろう波に乗れる準備をする。

こういう心構えや準備が大切になってきます。

自営業の方だけでなく、会社勤めの方、
ましてや僕らのようなネットビジネスで、
生計を立てている人間も、
無関係ではなく、
例えば、ASPからの案件が少なくなったり、
そもそも今紹介している案件も、
無くなってしまったりしても、
おかしく無い状況でもあります。



だからこそ
そう言った時流に、左右されにくい、
自分の能力を最大限生かせるコンテンツビジネスの案件を
あるネットビジネスのプロフェッショナルの方と、
立ち上げる事にしました。








コンテンツビジネスの魅力とは?その特徴は、、、







さてコンテンツビジネスと一括りに言っても恐らく、
『何それ?』って人も多いと思います。

なのでまずはコンテンツビジネスの魅力や特徴について、
まずはみていきましょう。


コンテンツビジネスとは?

“オリジナルの著作物(コンテンツ)”を作って売るビジネスモデルのことです。

たとえば、

・映画
・アニメ
・小説
・漫画動画教材
・ツール
・テンプレート



などがコンテンツにあたります。

最近でいえば、
“note”などが色んな人が使ってるイメージが強いですね。


このコンテンツビジネス何がメリットかというと、


・作ったコンテンツが資産として残りやすい
・データ媒体のため、レバレッジが効きやすい
・資金面、労力面における導入ハードルが低い
・集客効果が高い
・Webやソーシャルメディアと相性が良い



ざっとあげるとこんな感じ、
アフィリエイトとも似た所がありますが、
やはり1番の違いはASPを経由しないので、
自分で価格設定ができたり、
案件に左右される事がない所。



現在、コンテンツビジネス市場は非常に大きな市場規模となっています。 


総務省のサイトに掲載されている情報によると、
平成29年段階で日本におけるコンテンツビジネスの市場規模は、
“11兆5081億円”にも及ぶとされており、
映像系ソフトが全体の5割超、
テキスト系ソフトが約4割、
音声系ソフトが1割弱を占めているそうです。

最近のyoutube等の動画配信サービスを見ていると、
納得の数値でもありますよね。

またコンテンツビジネスと一口で言っても、その種類は多岐に渡ります。
たとえば、
 
・文化的著作物の作成、販売(音楽、映画、漫画、アニメなど)
・教材の販売
・テンプレートの販売
・ツールの販売
・有料NOTE
・ブログの運営
・有料メルマガ・ファンクラブサイトの運営
・スマホアプリの作成、
・運営ゲームの作成、運営
・オンラインサロン



このように様々な種類のコンテンツビジネスが存在しているのです。

さらに、ここで挙げた一覧以外にも、
とにかく著作物を作って売る場合は、
そのすべてがコンテンツビジネスであると言えます。

ホリエモンさんやキングコングの西野さんの
オンラインサロンなんていっとき話題になってましたよね。

コンテンツビジネスはとにかく自分の強みで、勝負ができる、
動画やテキスト、更には、オンラインサロン等様々な形で発信出来る。


これらは非常に魅力的と言えるでしょう。


現状コンテンツビジネスは、
時代とともにどんどん『資金や手間のかからないもの』へと変化してきています。
 
たとえば昔は動画媒体が、
テレビや映画くらいしかなかったですし、
そもそも撮影機材が普通の人が、
趣味レベルで買えるような値段では無かったので、
多大な資金を投入しなければ、
動画コンテンツを全国に発信することなんてできませんでした。



しかし今の時代、
“YouTube”という動画配信媒体により個人が簡単に、
しかも全世界に向けて動画コンテンツを配信できるようになっています。

更にはたったの数万円で昔では考えられない、
画質の映像が撮れるカメラを買う事ができますし、
なんなら皆さんがお持ちのスマホですら
とても綺麗に撮れるようになりました。
 
YouTuber(ユーチューバー)などはまさに、
個人でコンテンツを作り、
大きな利益を出している成功事例ですね。
 
とはいえ、誰でも参入出来る様になったということは、
それだけ競合が増えるわけですから、
何も考えずとりあえずコンテンツを作るだけでは
稼ぎににくくなってるのも確かです。

コンテンツへの評価は、
必ずしも製作費用と比例しないので、

費用をかけずとも、
おもしろいアイディア、役に立つ情報、的確なマーケティングがあれば、
十分に評価を集め、利益を出すことができるのです。

そこがコンテンツビジネスの魅力ですね。
 


他のアフィリエイト等のブログノウハウと比べてどう違う?







さてここまではコンテンツビジネスの特徴や魅力について触れてきましたが、
ではそのコンテンツビジネスは、
他のアフィリエイトやブログノウハウと一体何が違うのか?
という事について触れていきます。



まず、両者とも、
ネット上の媒体を利用して集客活動を行っていきます。
一番メジャーなのは、
自分で運営するブログに記事を投稿して集客する方法です。
最近ではTwitterやFacebookやyoutube等も、
集客活動に使えますね。


この方法は一番確実に集客することができます。

では、それ以外の違いとは一体何か?
答えは非常にシンプルで、
冒頭でもお話しした通り、

・アフィリエイトというのは、ASPから募集されてる第3者の商品を紹介する。

・コンテンツビジネスというのは、自分の商品を販売する。



これが、コンテンツビジネスとアフィリエイトの違いです。


要は、
他人の商品を紹介するのがアフィリエイトであり、
自分の商品を売るのがコンテンツビジネスという事です。


両方ともネット上から集客するという意味では同じで、
取り扱う商品が違うという事ですね。

ですので、
第3者の商品を紹介するアフィリエイトを行いながら、
自分のコンテンツを販売することもできるのです。


そうすると、
収入を安定させることができますし、
いつも僕が言っている一つの収入源に頼らない、
キャッシュポイントを増やす事にも繋がります。
これがコンテンツビジネスとアフィリエイト等のブログノウハウとの違いです。





コンテンツビジネスで稼ぐ為のポイントとは?



さてではそのコンテンツビジネスで稼ぐには
どうするのがいいの?って話ですよね。


コンテンツビジネスを成功させるためには、
しっかりとしたコンテンツを作り込むというのは前提条件ですが、
コンテンツを作ったあとにも以下の4つのステップを意識してみてください、

 
1. 人を集める
2. 集めた人に興味を持たせる
3. 興味を持った人に販売する
4. 正しい価格設定を行う

 

コンテンツビジネスの基本は、
“ユーザーが欲しくなるようなコンテンツを作ることです。”
まあ当然のことなんですけど、
しかし実は、それだけでは上手くいきません。

料理なんかもそうですよねいくら美味しい料理を提供しても
場所や集客力が無ければ繁盛しないですよね。
コンテンツビジネスは、
集客やコピーライティングといったビジネスの総合的な力が求められるのです。

アフィリエイトでも1〜3は、とても重要な事なんだけど、
4の正しい価格設定を行うというのは、
自分の商品を扱ってる訳ではない、
アフィリエイトにはない部分ですね。

今から説明する4つのステップでは、
まさにその総合的な力が必要になってきます。

コンテンツビジネスで成功するには避けて通れない話なので、
ぜひしっかりと理解しておきましょう。


人を集める



質の良いコンテンツを作ることができたら、
まずはどうやって集客するかを考えましょう。
これはネット、リアル問わずビジネス全般に言える事ですが、

どんなに良いコンテンツでも、
人の目に触れなければ意味がありません。
 
じゃあどうやって集客するのよ?って思いますよね?

コンテンツビジネスの集客の代表として、
以下のようなものが挙げられます。
 

・検索エンジン上位にサイトを表示させる(SEO)
・Web広告を出稿する
・YouTubeに動画を投稿する
・SNSで拡散する
・インフルエンサーに紹介してもらう
・アフィリエイト制度を導入する

 

このように色々と方法はありますが、
何を選ぶにしても、
集客を行うスキルや知識は必要となります。

たとえば広告運用の知識であったり、
YouTubeで多くの人に見てもらう方法であったり、
コンテンツビジネスをするなら、
そういった集客スキルも必要だということは理解しておきましょう。

個人的には、
ブログで安定した集客を行い、
Twitter等のSNSやyoutubeは、
使い方によっては爆発的に人の目に触れる事が出来るので、
この二つを組み合わせる事で、
より良い結果になるでしょう。




集めた人に興味を持ってもらう




そして集客ができるようになったら今度は集まった人たちに、
自分が作ったコンテンツに興味をもってもらわないとダメです。

まあこれもリアルでもネットでも同じで、

その事に興味のない人に売り込んでも買ってもらえる訳ないですよね?

例えば車に全く興味がなく乗れればいいと言う人に、
フェラーリやポルシェを売り込んでも、
例え買えるだけのの資産があっても買わないですよね。

なので、この興味を持ってもらうというのは、
とても重要な事なんです。

ただブログからの集客に関して言えば、
ある程度興味がある人が自分で調べて、
その記事にたどり着いているので、
Twitterやyoutubeよりかハードルが、
低い状態でこの工程が行えます。

じゃあそれは具体的にどうすればいいのか?

よく用いられる方法としては、
販売用のコンテンツのほかに、
興味の入り口となる無料コンテンツを作成し、
公開すること。

たとえば、

・メルマガでの情報発信
・質が良くて為になるブログ記事
・面白くて役に立つつい見てしまう動画
・無料レポート


などが挙げられます。
 
また、興味を持たせる段階で必要となってくるのが、
“マーケティング能力”“コピーライティング”です。

要は、
どのような層をターゲットとして見据えるのか?
どのような言葉を使えば興味を持ってもらえるのか?


ということを判断するスキルですね。
 
ユーザーに興味を持ってもらえさえすれば、
後は割と何とかなります。


興味を持った人に売り込む



集客がある程度完了して、
自分のコンテンツに興味を持ってもらえたら、
あとは実際に売り込んでいくだけです。
 
コンテンツビジネスで商品を販売するさいは、
継続的な関係を構築することです。

どういうことかというと、
お客さんが“リピーター”になってもらうようにする。

たとえば、購入者限定の無料メルマガを配信したり、
購入者限定の会員サイトを作ったり、
というのがよく用いられる手法ですね。
 
これはネットビジネスでもリアルのビジネスでもそうなんですが、
売ったら売りっぱなしではなくて、
きちんとアフターフォローを行い、
リピーターになってくれるような環境を作る。


その場限りの売り上げでいいなら売りっぱなしでも良いでしょうが、
それではネットでもリアルでもなかなか長続きしません。

なので、そうする事で優良顧客が増えていくのです。


正しい価格設定を行う




そしてこれアフィリエイト等の
他の人の商品を紹介する事では、
まずあり得ない部分ですが、
これはとても重要ですね。

売る側としてはそれは高く売れて欲しいものですが、
例えば5万円に商品を設定したときに、
欲しいという人が5人、
利益は25万円です。

これを仮に2万円に設定し直したら、
欲しいという人が20人になった、
そうすると利益は40万円になるわけです。


5万円だと手が出せない人が2万円なら、、、

と買ってくれる事もあるのです。

そこのバランスがとても重要なんです。
安く設定しすぎると多くの人に買ってもらわないと儲けが出ない、
だけど高く設定しすぎるとそもそも売れなくなってしまう。


このバランスを取る為には、
市場のリサーチが重要です。
同じような商品は一体どれくらいで売ってあるのか?

こういうことをリサーチすれば、
この内容でこの値段で売れてるならもう少し高く設定しても大丈夫だなとか、
同じような物なら少し安くしてみるかとかね。


これは物を売るにしても情報を売るにしても結構大事なことで、
いくら良い物でもここが無茶苦茶では、
売れるものも売れなくなるし、
売れたとしても薄利になってしまったりする。


疎かになりがちな所だからこそ、
しっかりと意識して欲しい所です。



何故今コンテンツビジネスなのか




さてここまで、
コンテンツビジネスの魅力や特徴、
更には稼ぐためのポイントや他との違いを説明してきました。

では何故?今コンテンツビジネスが時流なのか、、、
恐らく皆さん多かれ少なかれ感じているはずです。


そう新型コロナウィルスの影響です。
コロナの影響で多数の企業が、
リモートワーク等のオンライン化、
学校の授業も一部ではそう言った流れになってます。


具体的には、
ほとんどの業種や商品サービスが、
オンラインへとパラダイムシフトされ、
人々がネット上で消費活動することに一切抵抗がなくなっています。


少し以前からその傾向はありましたが、
今回のコロナの一件で一気にシフトしていきましたね。


そうした背景を受けて、『オンライン教育市場』の分野などは、
アメリカや欧州でいち早く爆発的成長が
既にスタートしていますし、
日本でも大きな波が来ようとしています。


そこで今回僕は色々な方にこの波に乗ってもらえるよう、
ネットビジネスのプロフェッショナルの、
“キラー氏”とともにコンテンツビジネスの企画を立ち上げようと考えた訳です。



ネットビジネスのプロフェッショナルのキラー氏とはどんな人物なのか?




今回このコンテンツビジネスの企画を行うに当たって、
キラー氏の存在は無くてはならない存在でした。

実は僕の恩人でありネットビジネスの師匠でもあります。

彼の経歴をざっと紹介させて貰うと、

北海道大学を在学中にネットビジネスに出会い卒業後も就職はせず、
ネットビジネスで起業をしたそうです。

そこから年収1000万を切った事が無いとの事で、
アフィリエイトだけでなく、
物販、投資、不動産、運送業等
色々なビジネスで成功されている方で、
北海道大学を卒業されているだけあって、
とても分かりやすく色々と教えて頂きました。


はっきり言って今の僕があるのは、
キラー氏が居たからこそと言っても過言ではないです。

彼自身も稼いで居ますし、
人に教えるという点においても素晴らしい実績を持っておられます。

だからこそ今回このコンテンツビジネスの企画をキラー氏と共に立ち上げてより多くの方に、
この時流に乗って貰えたらと考えています。



まとめ



コロナによるオンライン化の流れが速くなった影響で、

コンテンツビジネスの今後の可能性や、
どんな特徴があってどう言った魅力があるのか、
皆さんも理解できたと思います。


よくある怪しい案件のように誰でも簡単に稼げるとは言いませんが、
その分大きな利益を得れる可能性の高いビジネスモデルなので、

だからこそ、
僕たちもこれからWEB上にオンラインコンテンツを仕掛け、
集客から販売に至るまでのフローを仕組み化し、
このゴールデンラッシュに今すぐ乗りましょう!



今すぐ人気のコンテンツビジネス企画を無料で受講する。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました!



全世界オンライン化が加速する今、コンテンツビジネスに取り組もう!




このブログ記事をお読みのあなたは、
今現在何かしらのビジネス案件や手法を探していたり、
収益化のヒントを得ようとしているのだろうと思います。


まずお金を稼ぐにあたっては、
的確に世間や市場のトレンドを掴む必要があります。


今回のコロナの影響により、
一部の学校の授業や会社の仕事はオンライン化が増えていて、
人々は外で社交活動を自粛し自宅でZOOM飲み会なるものを初めています。


更には多くの人が旅行の予定やイベントの予定をキャンセルして、
休日でも自宅で過ごしています。


このコロナの危機により、私たちの価値観や生活スタイル、
ビジネスのスタイルを大きく変えたわけです。


具体的には、ほとんどの業種や商品サービスがオンラインへとパラダイムシフトされ、
人々がネット上で消費活動することに一切抵抗がなくなっています。


少し以前からその傾向はありましたが、
今回のコロナの一件で一気にシフトしていきましたね。


そうした背景を受けて、『オンライン教育市場』の分野などは、
アメリカや欧州でいち早く爆発的成長が、
既にスタートしていますし、
日本でも大きな波が来ようとしています。


だからこそ、

『僕たちもこれからWEB上にオンラインコンテンツを仕掛け、
集客から販売に至るまでのフローを仕組み化し、
このゴールデンラッシュに今すぐ乗りましょう!』



今僕は、ある“オンラインビジネスのプロフェッショナル”の方と一緒に、

コンテンツビジネスの企画を最近立ち上げました。



→今すぐ人気のコンテンツビジネス企画を無料で受講する。


これまでアフィリエイト、物販、投資など
いろんなノウハウやジャンルにわたしは取り組んできましたが、
最終的に行き着いたのがこの“コンテンツビジネス”です。


コンテンツビジネスとは、
無形のデジタルサービスの販売などを指し、
例えば電子書籍やオーディオ、動画、
ひいては宗教やアートなどがありますね。


原価が全くかからず、利益率もほぼ100%であり、
高単価の商品でも成約しやすいのが特徴的で、
ネットで月200万以上稼ぐ人たちの大体はコンテンツビジネスに取り組んでいます。



実践にあたっては、文章作成やリサーチ作業など
やることはいくつかあるのですが、
今回初心者さんでもどう効率よく簡易的に取り組んでいけるか、
この企画で敷居自体を低くしました!


いち早くあなたもコンテンツビジネスを完成させ、
コロナバブルに一足先に乗っかってくださいね^^