こんにちは、タツヤです。


仮想通貨(暗号資産)は相変わらず、

トレンド変換とはいかない状態で、

BTC価格は37万円台をウロチョロしていますね。




個人的には暗号資産には期待しているので、

テクノロジーや利便性が世の中に認知され

セキュリティ面や法律が確立されていけば、

再び盛り上がる日は来ると思っていますが、

まだもうしばらくは我慢の日々が続きそうですね。



ただそのチャンスが来た時に乗り遅れないよう、

今のうちに自由に動かせる投資金を

ネットビジネスで稼いで作っておきたいところですね。




今回飛び込んで来た案件は、

そんな仮想通貨に関するオファーです。





特商法に基づく表記

[運営会社] 合同会社カイワス

[代表社員] 安倍幸司

[所在地] 東京都稲城市若葉台一丁目44-8

[連絡先] rinqcampaign@gmil.com




RINQ(リンク)とは?評判は







『ノーリスクで資産を増やせる

裁定取引アプリRINQ』



という謳い文句の案件なんですが、、、



ビジネスモデルは 『アービトラージ』 で、

『RINQ(リンク)』というアプリを使うようです。


さて仮想通貨をよく知らない方はアービトラージって何?って人もいると思うので、

軽く説明するとアービトラージとは、

同じ仮想通貨でも取引所によっては価格が違うので、

安く買える取引所で買い、高く売れる取引所で売る、

その価格差分が利益となるというものです。


理論上は100%稼げるやり方ということで、人気があります。




ただそのアービトラージにもデメリットが存在します。

そして今回の主催者は過去にもオファーを打ち出しているんだけど、

正直評判は良いとは言えません。



冒頭でも書きましたが今回の案件の

ビジネスモデルは『アービトラージ』です。



アービトラージとは簡単に説明すると

取引所の価格差を利用して、
 
価格が安い取引場で買った通貨を
 
価格が高い取引所で売って利益を得るという手法です。
 



 
アービトラージで稼ぐことは事実可能ですし、
 
実際、仮想通貨を取り扱う取引所間には価格差が発生していますし、

例えばビットコインの価格が、
 
韓国の取引所と日本の取引所で差があるという事もあります。



それを利用すれば稼ぐことは出来るでしょう。 
 
アービトラージで大きな資産を構築している人もいます。



ただ『送金手続きによるリスク』がある為、

中々素人が安定して稼ぐのが難しいというのが現状です。 
 
 
 

いざ価格差があり安値で買って送金しようと思っても 
 
送金に何時間もかかるという事もざらにありますし、 

仮想通貨市場では昇降が激しい為

その送金時間の間に相場が動いてまう事もよく起こります。

 
 

 
なによりその価格差をリサーチし取引するためには、
 
数々の取引所の口座を開設し
 
その価格差を四六時中チェックする必要があり

かなりの労力と時間が必要になりますので、 
 
大きな収益を継続的に出し続けるためには、
 
非常にハードルは高い訳です。




そして数百万円単位で取引を行っても

利益は数万円程度という

“薄利” というデメリットもある中で
 
 
 
そこを 『RINQ(リンク)』 が 
 
どう解決してくれるのかというところなのです。








第0話ではアービトラージの説明が中心で、

RINQに関する情報は少なかったですね。

今後動画が進むに連れて、内容が徐々に明かされていくと思います。

また無料体験版の配布もあるようですね。

ここで注意して欲しいのは、

こういったアプリで稼ぐという案件では、



アプリ上では稼いでいるように演出されるのに

出金されなかったり、着金されなかったりと

トラブルになるケースが多くあります。





またアプリ上で稼いでいるお金を引き出す為には、

200,000万円の上位コースに登録が必要。

なんてパターンもよくあるので

仮に無料版で稼げているように見えても

そういう事もあるということは覚えておいてください、



また雑誌やTVで紹介されたと謳っていますが






なんの番組でいつ、どういう風に取り上げられたか、

全く解りません。

レターにあった雑誌での紹介も

上記の画像だといつの何の雑誌なのかわかりません。

このくらいだと普通に作れてしまうので

この辺りの信ぴょう性は薄いですね。

そもそも本当に取り上げられてるなら

番組名や雑誌の名前を公表した方が、

絶対に信用を得られるので、

つまりはそういうことです。



皆さんが今後動画を見進めていくにあたって

RINQ(リンク) のロジックは必ず確認しましょう。



先程もご説明したように、

アービトラージで稼ぐ為には、

本来ならいくつも取引所を開設して

その取引所間の価格差で利益を上げます。

そして取引所間のか価格差を調べるだけであれば

こちらのサイトですぐ調べられます。

https://cc.minkabu.jp/pair/BTC_JPY





その中で“RINQ(リンク)” はどんな性能を持っていて、

“RINQ(リンク)” を使うことでどんなメリットが得られるのか?



“RINQ(リンク)”はシステムであって、

それ自体が取引所では無いので

取引するにもどこかの取引所を利用する必要があります。

では利用する取引場はどことどこなのか?

取引する通貨の銘柄はなんなのか?




この案件に限った事では無いけど、

自分が納得できるまで調べた方が良いですし、

少しでも不信感や、納得できない分部があるのなら

購入は控えた方が良いと思います。

まあ少なくとも今のところは、

定時していることの確証がないですし、

信用はできないですね。



清水聖子さんの過去と評判は?




さて今回の主催の清水聖子さんなんですが、、、






この業界では結構な有名人ですし、

過去にもオファーを出したことがある人物です。



最初の方はバイナリーオプションの

高額塾を販売していましたが、

ここ最近は仮想通貨の高額販売を打ち出している印象です。

気が付いたら『仮想通貨ヲタク』 と名乗っていました。




記憶に新しいのは『想源プロジェクト』というプロジェクト。

この『想源プロジェクト』では、

これまでとは次元が違う質の高い情報や、

日本では誰も知らない機密情報をお送りすると謳っていたのですが、

今のところそこまで希少性が高い情報は提供されていないようです。




それどころかキャンセルや返金請求が相次いだよう、、、

無事に返金された方もいるようですが、

返金出来た方さえ手数料を取られたようで、

かなり炎上状態のようです。



仮想通貨ユーチューバー 『中神あきら』 さんが

ゲスト出演したことも話題になっていました。




そして『想源』という言葉が現在Wikipediaでは





さらに高額のバックエンドもあったようです。



もちろん『想源プロジェクト』と今回のプロジェクトが、

絶対に同じ道を辿るとは限りません。



ただ僕が知っている限りでは、

過去こういった稼げない案件を打ち出した人物が、違う案件を打ち出し

『前回はダメだったけど、今回は稼げたね』

という返り咲きパターンは1度も見たことがありません。



そのことは頭には入れておいてください。



因みに想源プロジェクト対しては、

ネット上ではこういう状況です。

→https://mato.ma/project/107



果たして今回の案件ではどうなるのか。




特商法を見る限り清水さんの名前はありませんし、

毎回販売者が違うので

そういうことからも信頼性は全然ないですね!


本当に稼げるビジネスで安定した資産構築を



さてここまで、清水聖子さんの『RINQ(リンク)』を見てきましたが、

清水さんの過去に打ち出した評判や

さらには投資でノーリスクと謳っている。

これらからあまり信用出来る案件ではないと

感じます。


今日はこの辺で、


管理人タツヤへの連絡はこちら→tatsuya.info017@gmail.com

それでは最後までお読み頂きありがとうございました!



全世界オンライン化が加速する今、コンテンツビジネスに取り組もう!




このブログ記事をお読みのあなたは、
今現在何かしらのビジネス案件や手法を探していたり、
収益化のヒントを得ようとしているのだろうと思います。


まずお金を稼ぐにあたっては、
的確に世間や市場のトレンドを掴む必要があります。


今回のコロナの影響により、
一部の学校の授業や会社の仕事はオンライン化が増えていて、
人々は外で社交活動を自粛し自宅でZOOM飲み会なるものを初めています。


更には多くの人が旅行の予定やイベントの予定をキャンセルして、
休日でも自宅で過ごしています。


このコロナの危機により、私たちの価値観や生活スタイル、
ビジネスのスタイルを大きく変えたわけです。


具体的には、ほとんどの業種や商品サービスがオンラインへとパラダイムシフトされ、
人々がネット上で消費活動することに一切抵抗がなくなっています。


少し以前からその傾向はありましたが、
今回のコロナの一件で一気にシフトしていきましたね。


そうした背景を受けて、『オンライン教育市場』の分野などは、
アメリカや欧州でいち早く爆発的成長が、
既にスタートしていますし、
日本でも大きな波が来ようとしています。


だからこそ、

『僕たちもこれからWEB上にオンラインコンテンツを仕掛け、
集客から販売に至るまでのフローを仕組み化し、
このゴールデンラッシュに今すぐ乗りましょう!』



今僕は、ある“オンラインビジネスのプロフェッショナル”の方と一緒に、

コンテンツビジネスの企画を最近立ち上げました。



→今すぐ人気のコンテンツビジネス企画を無料で受講する。


これまでアフィリエイト、物販、投資など
いろんなノウハウやジャンルにわたしは取り組んできましたが、
最終的に行き着いたのがこの“コンテンツビジネス”です。


コンテンツビジネスとは、
無形のデジタルサービスの販売などを指し、
例えば電子書籍やオーディオ、動画、
ひいては宗教やアートなどがありますね。


原価が全くかからず、利益率もほぼ100%であり、
高単価の商品でも成約しやすいのが特徴的で、
ネットで月200万以上稼ぐ人たちの大体はコンテンツビジネスに取り組んでいます。



実践にあたっては、文章作成やリサーチ作業など
やることはいくつかあるのですが、
今回初心者さんでもどう効率よく簡易的に取り組んでいけるか、
この企画で敷居自体を低くしました!


いち早くあなたもコンテンツビジネスを完成させ、
コロナバブルに一足先に乗っかってくださいね^^